FC2ブログ
集団自決命令、大江作品の歪曲   櫻井よしこ (2007.12.06 週刊新潮)

 第二次世界大戦末期の沖縄で、果たして日本帝国陸軍は住民らに集団自決を命じたのか。大江健三郎氏の『沖縄ノート』(岩波新書)は、軍命令を揺るぎない前提として書かれ、1
970年の初版以来、今日まで50刷を重ねてきた。
 慶良問列島の渡嘉敷及び座間味両島で集団自決を命令したとされた守備隊長、赤松嘉次大尉と梅澤裕少佐らを、大江氏は"屠殺者"と呼び、その行為を"人間としてそれをつぐ
なうには、あまりにも巨きい罪の巨塊"と断罪した。
 だが、集団自決命令は存在しなかった。渡嘉敷島守備隊長の赤松大尉は住民らに「あんたたちは非戦闘員だから、最後まで生きてくれ、生きられる限り生きてくれ」と述へたこ
とが明らかになっている。しかし、山中に避難した住民らは「村長以下、みな幹部も、捕虜になるより死んだはうがいい」として「半狂乱になった」。自決に失敗した住民救済のために赤松隊長が衛生兵を派遣して治療させていたことなども判明した。
 これらは1973年の曽野綾子氏の『ある神話の背景』に詳しい。同書はいま『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実 日本軍の住民自決命令はなかった』の題名でワツク社より出版されている。
 同著から9年後の1982年、座間味島での梅澤隊長の命令も存在しなかったことが明らかになった。梅澤隊長が命令した、それを自分が聞いたと語った唯一の証人、宮城初枝氏が、戦後、島の人々の暮らしが苦しく、戦傷病者戦没者遺族等援護法の適用を受けるために、村の長老に指示されて厚生省に心ならずも偽りの証言をしたと告白したのだ。
 大江氏の『沖縄ノート』はその大前提が崩れ去ったのだ。ちなみに、氏同様、日本軍が自決命令を下したと香いた中野好夫・新崎盛暉著『沖縄問題二十年』は曾野氏の著作が出
版された翌年に絶版となった。家永三郎氏も『太平洋戦争』の赤松命令を削除した。集団自決命令を、彼らも否定せぎるを得なかったのだ。にもかかわらず、大江氏は過ちを改
めようとしない。曾野氏の著作も宮城初枝氏の証言も極めて詳細で具体的だ。事実を直視すれば、大江氏の著作は訂正されなければならない。
「僕は自分が、直接かれにインタビィユーする機会をもたない」と書いた氏は当事者たちに会っていない。当然取材もしていない。
 梅澤氏らが『沖縄ノート』などの出版差し止めと謝罪広告掲載などを求めた大阪地裁での裁判は現在も続行中だ。最終弁論は今年12月21日、判決は来年の春の予定だ。
『沖縄ノート』執筆に当たって大江氏が参考にしているのが『鉄の暴風現地人による沖縄戦記』だ。今回初版本をようやく人手した。読んでわかったのは、同書の事実関係におけ
る杜撰さと強い反日感情だ。

米軍賛辞と反日思想
 1950年8月30日発行の初版は沖縄タイムス社編、朝日新聞社刊である。4真にわたる「まえがき」は次のように括られている。
「なお、この動乱を通じ、われわれ沖縄人として、おそらく、終生忘れることができないことは、米軍の高いヒューマニズムであつた。国境と民族を越えた彼らの人類愛によつて、
生き残りの沖縄人は、生命を保護され、あらゆる支援を与えられて、更生第一歩を踏みだすことができたことを、特筆しておきたい」
 米国への歯の浮くようなこの賛辞、客観的理性的評価を完全に欠落させた一方的な賛辞は何を意味するのか。
 1950年当時、日本はまだ米国の占領下にあった。沖縄を除く日本の独立回復は52年4月28日、沖縄が米軍の占領から解かれたのは72年5月15日だ。占領下の日本で米国が行ったのは日本人の洗脳だった。彼らは厳しい検閲制度を敷き、米団批判を厳禁した。そのうえで戦中戦前の日本のすべてを批判、非難し、日本国の″軍団主義″やその力の前に屈服した″暗黒政治”を強調することで、米国の罪を消し去ろうとした。原爆投下も無差別空襲も、それは野蛮な日本の軍国主義の前では致し方のないことだとして米国の正義と人道を際立たせようとした。
 米占領軍による日本人洗脳の意図が明らかに同書を貫く軸であり、反日思想は、赤松、梅澤両隊長への事実無根の非難となって迸る。
「赤松大尉は、軍の壕入口に立ちはだかつて『住民はこの壕に入るべからず。』と厳しく、身を構え、住民達を睨みつけていた」とし、地下壕内で囲いた将校会議では「まず非戦闘
員をいさぎよく自決させ、われわれ軍人は島に残つた几ゆる食糧を確保して、持久態勢をととのえ、上陸軍と一戦を交えねばならぬ。事態はこの島に住むすべての人間に死を要求
している」と「主張した」と書くのである。さらに「これを聞いた副官の知念少尉(沖縄出身)は悲憤のあまり、慟哭し」たと、書いている。

自身の間違いを訂正せよ
 だが、前述のように赤松大尉は住民に「生きのびよ」と論した。『鉄の暴風』で「慟哭」したと書かれた副官の知念氏は同書の記述を完全否定した。第一 地下壕での将校会議そ
のものがなかったと証言した。
 梅渾隊長に関しても事実無根の記述が並んでいる。梅渾隊長が守備した座間味島での戦闘について、こう記述しているのだ。
「日本軍は、米兵が上陸した頃、二、三カ所で歩哨戦を演じたことはあったが、最後まで山中の陣地にこもり、遂に全員投降、隊長梅澤少佐のごときは、のちに朝鮮人慰安婦らしきもの二人と不明死を遂げたことが判明した」と。
 住民に集団団自決を命ずる一方で、軍人は戦いもせず、陣地に隠れ、投降した、日本軍はなんと卑怯な軍かと言っているのだ。そのうえ梅澤隊長の情死が「判明した」というのだ。
 だが事実は正反対だ。梅澤隊長は勝てる見込みのない戦いで、部下を死なせないように努力した。沖縄戦以前は都下を死なせたことのないのが誇りだった。しかし、鮮烈な沖縄
戦は過酷な結果をもたらした。直属の部下104名中、実に70名が戦死したのだ。生還者はわずか34名にとどまる。戦わなかったのではない。「全員投降」したのでもない。また氏は情死したのではない。氏は、90歳の現在も矍鑠としており、裁判にも証人として立った。
『鉄の暴風』にはこの種の出鱈目をはじめ、″反日情報々が満載されているのだが、これらのあまりにも明白な間違いは、その後重ねられた版からはひっそりと削除された。
 ノーベル文学賞受賞作家、大江氏の頼った書はこの程度のものだった。沖縄をこれ以上歪曲してみることは、沖縄で戦死した軍人、軍命がなくとも祖国とともに潰えるべきだと考えて自決した人々、爆撃などで亡くなったすべての人々に対する冒涜である。大江氏は直ちに自身の作品における間違いを訂正すべきであろう。




今日の百人一首

世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも    鎌倉右大臣

093.jpg
(世は無情 つねに変わるとはいうけれど ああ どうか いつも変わらずにあつてほしい 渚こぐ海人の小舟が 今日は曳綱で曳かれてゆく 天空と空のあわいに ぽつんと小さな人間の生の営み しぶきに濡れ 張ってはたゆむ曳綱のさま 海人のかけ声 ‥‥この世は美しい‥‥愛すべきものでみちみちている おおいつまでも変わらずにあれ 人の世の このいとしさ)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sjunii.blog93.fc2.com/tb.php/262-c0fdce46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック